好きな書体を選ぶ

書体イメージ

素敵な印鑑を集める際、気になるもののひとつが「書体」ですよね。印鑑に使われている文字も用途によって変わります。

実印や銀行印は偽造防止のため、複雑で判読しにくい印相体や篆書体が好んで使われます。
一方、読みやすさが求められる認印には古印体や楷書体が多く使われます。

印相体は開運の書体ともいわれ、「吉相体」「八方篆書体」とも呼ばれ、印相学上の縁起の良いデザインとなっています。
篆書体は漢字の起源である「甲骨文字」から「金文」、「大篆」と派生し、紀元前200年頃秦の始皇帝により改良されできた「小篆」を用いています。
日本銀行発行の紙幣に印刷されている印鑑にも、篆書体が使われています。

古印体は七~八世紀頃から日本で印章に使われた書体で、隷書体から変化してできた、雅な雰囲気を持つ独特の書体です。
特徴でもある墨溜りや線の切れは、文字を書いた際に生じるものを再現したものと言われています。
一見単純に見える書体ですが、バランスを取ることが非常に難しい書体です。

楷書体は現在でも使われている基本的な筆文字です。
楷書体をくずして少し柔らかい印象にした行書体とあわせて最も多く使われています。
行書体はその柔らかさから女性の印鑑に使われる事が多く、文字によっては読みにくくなる事もあります。

その他に、複雑で書きにくい篆書体をより早く書くために字画を簡略化してできた隷書体があります。
漢の時代には正式に普及して紙が発明されるよりも前に使用されていた文字で、木簡や竹簡に書きやすいデザインがされています。

このように、印鑑に使える書体には様々な種類があり、これ以外にも豊富に揃えられています。
印鑑を作る際・集める際には、印鑑の本体のみならず、書体にもこだわりを持ちたいですね。

ページの先頭へ