コレクターの第一歩

印鑑セットイメージ

印鑑を集めてみたいと思ったら、印鑑についてよく知ることが、印鑑コレクターへの第一歩です。

まず基本的な情報として知っておきたいのが、たくさんある印鑑の種類と、その名前です。
日頃よく使っている印鑑ですが、その各々の名前をご存知でしょうか。

個人で使う印鑑の種類として挙げられるのが、実印・銀行印・認印の3つです。
実印は、持ち主が住民登録をしている市区町村の役所に印鑑登録されている印鑑です。

公正証書の作成の際や、自動車を購入する際、遺産相続の際などに使われるもので、この3つの印鑑の中でも一番重要なものです。
個人を証明する意味合いが強いので、宅配便を受け取るときに押す印のように、家族で共同で使ったりすることのないようにしましょう。

次に銀行印ですが、これは名前のとおり、金融機関で口座を開設するときなどに使われます。
実印が安全性のためにフルネームで刻印されることが多いのに対して、銀行印の場合は名字のみというのが一般的です。

心配性な人は、銀行印もフルネームで作りたくなってしまいそうですね。
最後に認印ですが、これは印鑑登録をしていない印鑑で、簡単な書類作成や金銭の受け取りに使います。

いちばん使用頻度が高そうなのは、荷物の受け取り時に押す「受け取りました」の印ですね。
個人で使うものとしてはこの3つが普通ですが、それ以外にも印鑑には会社で使われているもの(会社の実印・役職印・各印)・図書館などで使われている蔵書印などがあります。

印鑑を集める前に、どの印鑑をどんな目的で作りたいのかを考えておきましょう。集めてみませんか。

ページの先頭へ